JAVA開発メモ
Struts1.2メモ のバックアップ(No.3)
 

[トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]


Struts 1.2 メモ

Struts 1.2の利用について。
Struts最新版ダウンロード

validation.xmlの1.2対応

commons validatorのバージョンアップに伴い、validation.xmlの設定も変更があります。メッセージに埋め込む文字列を arg0、arg1タブで設定してると正しく表示されないため、argタブにてposition属性を指定する必要があります。(付属のexampleでは古いままなのでエラーメッセージがおかしい)

 <field property="password" depends="required, minlength,maxlength">
     <arg position="0" key="prompt.password"/>
     <arg position="1" key="${var:minlength}" name="minlength" resource="false"/>
     <arg position="2" key="${var:maxlength}" name="maxlength" resource="false"/>
     <var>
         <var-name>maxlength</var-name>
         <var-value>16</var-value>
     </var>
     <var>
         <var-name>minlength</var-name>
         <var-value>3</var-value>
     </var>
 </field>

DispatchAction?のキャンセルハンドラ

DispatchAction?のcancelledをオーバーライドすることで、キャンセルボタン<html:cancel>でサブミットされた場合の処理を実装できる。

 protected ActionForward cancelled(
     ActionMapping mapping,
     ActionForm form,
     HttpServletRequest request,
     HttpServletResponse response)
     throws Exception {
 
     // キャンセルされた場合の処理
 
     return mapping.findForward("cancel");
 }

トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.006 sec.