JAVA開発メモ
javacコマンド のバックアップ(No.1)
 

[トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]


コンパイル

 javac [オプション] [ソースファイル] [オプション、ソースファイル名を列挙したファイル]

標準オプション

オプション 説明
-classpath <クラスパス> ユーザクラスファイルを検索する位置を指定する
-d <ディレクトリ> 生成されたクラスファイルを格納する位置を指定する
-deprecation 推奨されない API が使用されているソースの位置を出力する
-encoding <エンコーディング名> ソースファイルが使用する文字エンコーディングを指定する
-g <キーワードリスト(souse,lines,vars,none)> すべてのデバッグ情報を生成する
-help 標準オプションの概要を出力する
-nowarn 警告メッセージを無効にし、表示を行わない
-source <リリースバージョン(1.3,1.4)> 指定されたリリースとソースの互換性を保つ
-sourcepath <ソースファイルパス> 入力ソースファイルを検索する位置を指定する
-verbose コンパイラの動作についてメッセージを出力する

クロスコンパイルオプション

-target <リリースバージョン(1.1,1.2,1.3,1.4)> 特定の VM バージョン用のクラスファイルを生成する
-bootclasspath <ブートクラスパス> 指定されたブートクラスに対してクロスコンパイルを行う
-extdirs <ディレクトリ> 指定された拡張機能ディレクトリに対してクロスコンパイルを行う。ディレクトリは複数指定できる

トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.008 sec.