JAVA開発メモ
拡張for文
 

[リロード]   [新規|編集|差分|添付]   [トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]

サイトメニュー
最新の20件
2018-02-222017-12-082016-12-222015-06-242013-07-032013-02-262011-01-122010-10-122010-06-082010-03-092010-03-032009-12-302009-10-302009-02-252009-02-242009-02-112008-09-242008-09-23


拡張for文(for-each)

配列やコレクションの各要素に対して処理をしたい場合、拡張for文が使用できる。
例ではelementがarrayの各要素を順番に表し、array内の全ての要素が出漁されることになる。

 int[] array = {1, 2, 3, 4, 5};
 for (int element : array) {
     System.out.println(element);
 }

高次元配列の拡張for文

2次元配列は、1次元配列の配列となるため以下のようになる。

 int[][] arrays = {{1, 2, 3}, {10, 20, 30}, {100, 200, 300}};
 for (int[] array : arrays) {
     for (int element : array) {
         System.out.println(element);
     }
 }

コレクションの拡張for文

コレクションも配列と同様に使用できる。

 List<String> list = new ArrayList<String>();
 list.add("abc");
 list.add("def");
 list.add("ghi");
 for (String s : list) {
     System.out.println(s);
 }

リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 11 Feb 2009 21:45:11 JST (3753d)

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.014 sec.