JAVA開発メモ
CommunicationsAPI
 

[リロード]   [新規|編集|差分|添付]   [トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]

サイトメニュー
最新の20件
2018-08-012018-02-222016-12-222015-06-242013-07-032013-02-262011-01-122010-06-082010-03-092010-03-032009-12-302009-10-302009-02-252009-02-242009-02-112008-09-242008-09-232008-09-16


Java Communications API

Java Communications APIはJavaによるRS-232Cを用いたシリアル通信とIEEE1284を用いたパラレル通信を行うための拡張API*1です。Windows版とx86用のSolaris版とSPARC用Solaris版がサポートされてます。

インストール(Windows、Solarisの場合)

  1. Java Communications APIサイトよりアーカイブをダウンロードする。
  2. Windows 版の場合、win32com.dllを[JAVA_HOME]\jre\bin にコピーする。Solaris 版では libSolarisSerialParallel?.soを環境変数LD_LIBRARY_PATHが示す場所にコピーする。
  3. comm.jarを[JAVA_HOME]\jre\lib\extにコピーするか、環境変数CLASSPATHに加える。
  4. javax.com.propertiesを[JAVA_HOME]\jre\lib にコピーする。

インストール(Linuxの場合)

  1. Java Communications APIのSPARC用Solaris版をダウンロードし、comm.jarとjavax.com.propertiesを同様にコピーする。
  2. RXTXよりバージョン2.0.Xのバイナリをダウンロードする。
  3. RXTXcomm.jarを[JAVA_HOME]/jre/lib/extにコピーするか、環境変数CLASSPATHに加える。
  4. librxtxSerial.soとlibrxtxParallel.soを[JAVA_HOME]/jre/lib/i386にコピーする。
  5. コピーしたjavax.com.propertiesの最後の行を下記のように修正する。
 Driver=gnu.io.RXTXCommDriver

ポート名

Port Windows Linux
Serial Port 1 COM1 /dev/ttyS0
Serial Port 2 COM2 /dev/ttyS1
Parallel Port 1 LPT1 /dev/lp0

*1 JAVAのコアパッケージではサポートされていません

リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 15 Feb 2005 23:07:56 JST (5299d)
Link: 開発Tips(3984d)

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.015 sec.