JAVA開発メモ
Hyadesプラグイン
 

[リロード]   [新規|編集|差分|添付]   [トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]

サイトメニュー
最新の20件
2018-08-012018-02-222016-12-222015-06-242013-07-032013-02-262011-01-122010-06-082010-03-092010-03-032009-12-302009-10-302009-02-252009-02-242009-02-112008-09-242008-09-232008-09-16


Hyadesプラグイン

Hyades はテスト、トレース、およびモニターの統合環境です。 この環境では、テスト・プロセスに渡って標準、ツール、およびツール・インターオペラビリティーが提供されます。

情報

アプリケーションのプロファイル作成

  • アプリケーションのプロファイルを作成するには、「プロファイルおよびロギング」パースペクティブを開きます (「ウィンドウ」>「パースペクティブを開く」>「プロファイルおよびロギング」)。
  • このツールにより、ローカル・ホストまたはリモート・マシンでアプリケーションの起動とアプリケーションのプロファイル作成を行ったり、すでに実行されているアプリケーションに接続してプロファイル・データの収集を開始したりすることができます。
  • プロファイル作成されるアプリケーションとの対話を可能にするユーザー・インターフェース制御のセットがあります (ガーベッジ・コレクションの実行、オブジェクト・リファレンス情報の収集、接続、切り離し、モニターの開始と停止、プロファイルのフィルターおよびオプションの更新など)。
  • 情報を分析するには、プロファイルの統計ビューとグラフィカル・ビューを使用します。
  • パフォーマンス・ホット・スポットを確認するには、プロファイル統計ビューを使用します。
  • メモリー・リークを検索するには、オブジェクト・リファレンス・テーブルを使用します。
  • 実行問題を検索するには、実行グラフを使用します。

ログ・ブラウズ

  • ローカル・マシンまたはリモート・マシンのいずれに保管されているログもインポートできます。
  • 既存のログ・ファイルのブラウズを開始するには、まず「ファイル」>「インポート...」>「ログ・ファイル」アクションを使用して、ファイルをワークスペースにインポートします。
  • インポート・ウィザードでは、マシン、ログのプロデューサー、およびログ・ファイル・インスタンスを選択できます。
  • リモート・マシンの場合、ログを処理するためにリモート・マシンに RAC をインストールしておく必要があります。

ログ・ファイルの相関

  • 相関させたいログ・ファイルをワークスペースにインポートします。
  • 次に、「プロファイル・モニター」ビューで、「ウィンドウ」>「設定」ウィザードを使用して、モニター・オブジェクトを可視にします。
  • 「プロファイルおよびロギング」>「プロファイル・モニター」ビュー設定ページを選択します。
  • 「プロファイル」パースペクティブの「プロファイル・モニター」ビューからモニター・オブジェクトを選択し、「ビューの表示」>「ログ」対話アクションを選びます。
  • 使用したい相関のタイプを選択します。
  • このタイプの相関をサポートしているモニター・オブジェクトの下のログ・ファイルがすべて相関に加えられます。

症状データベース

  • 症状データベースは XML ファイルであり、イベントとエラーを、考えられるイベントの理由および考えられるエラーの解決策とともに保管するために使用されます。
  • 「ファイル」>「インポート...」>「症状データベース・ファイル」アクションを使用して、ローカル・ホストまたはリモート・ホストから症状データベースをインポートします。
  • 「ファイル」>「新規」>「その他...」>「症状データベース」を使用して、新規症状データベース・ファイルを作成します。
  • 分析したいログ・ファイルをログ・ビューで開き、「分析」または「すべて分析」ログ・ビュー・ポップアップ・アクションを使用してログ・レコードのサブセットまたはすべてを分析します。

Hyades Data Collection Engine

プロファイリングを行うにはJAVAアプリケーションを実行する環境にData Collection Engineが起動している必要があります。詳細はアーカイブ内に含まれているgetting_started.txtに記載されています。

<unzip directory>\bin\manageservice.exeを実行することでWindowsのサービスに登録することができます。

 manageservice add "<service name>" "<unzip directory>"

例:

 manageService add "Hyades Data Collector"  "C:\Hyades"

サービスから削除する場合は以下の通りです。

 manageservice remove "Hyades Data Collector"

リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 23 Jun 2005 09:18:45 JST (5171d)
Link: 開発Tips(3984d)

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.021 sec.