JAVA開発メモ
javaコマンド
 

[リロード]   [新規|編集|差分|添付]   [トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]

サイトメニュー
最新の20件
2018-02-222017-12-082016-12-222015-06-242013-07-032013-02-262011-01-122010-10-122010-06-082010-03-092010-03-032009-12-302009-10-302009-02-252009-02-242009-02-112008-09-242008-09-23


アプリケーション起動

  • クラスファイル指定の実行形式
 java [オプション] [クラスファイル] [引数リスト]

  • jarファイル指定の実行形式
 java [オプション] -jar [jarファイル] [引数リスト]

オプション

  • 標準オプション
オプション 説明
-hotspot Java HotSpot? Client VM を選択する (デフォルト)
-server Java HotSpot? Server VM を選択する
-classpath <クラスパス>, -cp <クラスパス> ユーザクラスファイルを検索する位置を指定する
-D<プロパティ=値> システムプロパティの値を設定する
-enableassertions[:<パッケージ名>"..."|:<クラス名> ], -ea[:<パッケージ名>"..."|:<クラス名> ] アサーションを有効にする
-disableassertions[:<パッケージ名>"..."|:<クラス名> ], -da[:<パッケージ名>"..."|:<クラス名> ] アサーションを無効にする (デフォルト)
-jar JAR ファイルにカプセル化されたプログラムを実行する
-verbose, -verbose:class クラスがロードされるたびにクラスに関する情報を表示する
-verbose:gc ガベージコレクションイベントが発生するたびに報告する
-verbose:jni ネイティブメソッドとその他のJNIに関する情報を表示する
-version バージョン情報を表示する
-?, -help 使用法を表示する
-X 非標準オプションに関する情報を一覧表示する

  • 非標準オプション
オプション 説明
-Xint インタプリタ専用モードで動作する
-Xdebug デバッガが有効な状態で起動する
-Xbootclasspath:<ブートクラスパス> 指定されたパスをブートクラスパスとして使用する
-Xbootclasspath/a:<ブートクラスパス> 指定されたパスをブートクラスパスの後に追加する
-Xbootclasspath/p:<ブートクラスパス> 指定されたパスをブートクラスパスの前に追加する
-Xcheck:jni JNIへの要求を処理する前に実行環境/JNIに渡されるパラメータのチェックを行う
-Xfuture クラスとファイルの形式を厳密にチェックする。将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときにはこのフラグを使用することをお勧める
-Xnoclassgc クラスのガベージコレクションを無効にする
-Xincgc インクリメンタルガーベジコレクタを有効にする
-Xloggc:<ファイル> ガベージコレクションイベントが発生するたびに情報をファイルに出力する
-Xms<数値> メモリ割り当てプールの初期サイズをバイト数で指定する。指定する値は、1M バイトより大きい 1024 の倍数にする。キロバイトを指定するには、文字 k または K を、メガバイトを指定するには、文字 m または M を付ける。デフォルト値は 2M バイト
-Xmx<数値> メモリ割り当てプールの最大サイズをバイト数で指定する。指定する値は、2M バイトより大きい 1024 の倍数にする。キロバイトを指定するには、文字 k または K を、メガバイトを指定するには、文字 m または M を付ける。デフォルト値は 64M バイト
-Xss<数値> スレッドのスタックサイズを設定する
-Xprof 実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイリングデータを標準出力に出力する
-Xrunhprof[:help][:<サブオプション>=<値>,...] CPU、ヒープ、またはモニターのプロファイリングを有効する。通常、このオプションのあとには、コンマで区切られた「<サブオプション>=<値>」のペアが続く。サブオプションとそのデフォルト値のリストを取得するには、:help を指定する。
-Xrunjdwp アプリケーションの実行時に、jdb があとでデバックのために接続できるような方法でアプリケーションを起動する
-Xrs JVMによるオペレーティングシステムシグナルの使用を減らす。影響としては、SIGQUIT によるスレッドダンプを利用できなる、およびシャットダウンフック処理の実行は、JVM が終了しようとしている時点で System.exit() を呼び出すなどして、ユーザコード側で行う必要がある

リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 15 Feb 2005 23:08:14 JST (5210d)
Link: 開発Tips(3894d)

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.022 sec.