JAVA開発メモ
MessageFormat
 

[リロード]   [新規|編集|差分|添付]   [トップ|一覧|単語検索|最終更新|バックアップ|ヘルプ]

サイトメニュー
最新の20件
2018-08-012018-02-222016-12-222015-06-242013-07-032013-02-262011-01-122010-06-082010-03-092010-03-032009-12-302009-10-302009-02-252009-02-242009-02-112008-09-242008-09-232008-09-16


java.text.MessageFormat

MessageFormat は、1 組のオブジェクトをフォーマットし、フォーマットした文字列をパターンの適切な場所に挿入します。
エンドユーザ用に表示するメッセージの構築には、このクラスを使用します。

メッセージ構築の使用例

置き換えデータをオブジェクト配列に設定

 Object[] arguments = {
     new Integer(7), // 整数の7
     new Date(System.currentTimeMillis()), // 現在日付
     "a disturbance in the Force" // String
 };

パターンメッセージと置き換えデータよりメッセージを構築
(フォーマット要素は「{」「}」で囲まれす。)

 String result = MessageFormat.format(
     "At {1,time} on {1,date}, there was {2} on planet {0,number,integer}.",
     arguments);

構築されたメッセージ

 At 12:30 PM on Jul 3, 2053, there was a disturbance in the Force on planet 7.

リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 15 Feb 2005 23:07:47 JST (5299d)
Link: 開発Tips(3984d)

Modified by MT22(Moriwaki Takashi)

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.29

HTML convert time to 0.015 sec.